人を操る禁断の文章術を読んだ感想・レビュー 

雑記

 

文章ってどうやったらうまく書けるんだろう・・・。

 

 

今回の記事はこんな悩みを持ったあなたのための記事

悩んでいる人
悩んでいる人

文章をうまく書けるようになりたい

悩んでいる人
悩んでいる人

人を操る禁断の文章術についてのレビューを見たい

本記事の内容

①人を操る禁断の文章術とは?
②人を操る禁断の文章術のレビュー
会社で勤めているとメールや提案文など文章を書く機会がたくさんあると思います。
その中で「あんまりうまくかけない・・・」と悩む方も多いでしょう。
かくいう私も文章を書くのは苦手です。
そこで今回はメンタリストDaiGoさんの著書人を操る禁断の文章術を購入して読んだのでレビューをします。
この本を読むことで文章をうまく書けるようになるだけではなく、目当ての相手をデートに誘う方法や年上の上司に気に入られる方法もわかるので必見です。

人を操る禁断の文章術 [ メンタリストDaiGo ]

created by Rinker

人を操る禁断の文章術とは?

人を操る禁断の文章術はテレビ、youtubeなどで活躍されているメンタリストDaiGoさんが著書の書籍です。

出版数は10万部を突破していて、とても人気の本となっています。

この本の要約をまとめていきます。

 

第1章 文章が持つ力は∞

この章では題目通り『文章が持つ力』について説明しています。

これはアメリカの大型量販店の出来事です。
ある売場担当者が紙おむつ売り場に「ある文章」を掲示することで紙おむつよりも高価な品物の売上アップさせました。
これは何でしょう?
答えはなんだと思いますか?
「使い捨てカメラ」です。
今しか見れない子どもの姿を残しませんかというキャッチフレーズとともにおいていたところ、売上がアップしたそうです。
このように文章は相手の想像力を掻き立てることができ、そうするとあとはこっちの思いのまま動いてくれるのです。
文章の力は∞ということを述べている章です。

第2章 「書かない」3原則で人を操る

この章では「書かない」3原則について述べています。

原則1 あれこれ書かない
原則2 きれいに書かない
原則3 自分で書かない
多くの人は読み手の感情を揺さぶり、行動へと導く文章を書くことができません。
私もそうです。
DaiGoさんはテレビで相手の行動を読み、当てることができますよね?
それは話術で自分の思いのままに相手を誘導しているからです。
これはその文章バージョンです。
1.短文を利用することで相手の想像力をかきたて
2.きれいに書かないことで読み手の想像力を刺激し、感情を引き出し
3.書く前の準備で相手の読みたい内容、求めている言葉を探る
これらができていると自然と相手はこちらの思うままに動いてくれるそうです。
目からうろこでした。

第3章 人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まない

この章では人を動かす7つのトリガーを説明しています。

トリガー1 興味
トリガー2 ホンネとタテマエ
トリガー3 悩み
トリガー4 ソン・トク
トリガー5 みんな一緒
トリガー6 認められたい
トリガー7 あなただけの

これらのトリガーを使って、相手の心に寄り添い、欲求をつかみ、いい関係を築いていく。

人を動かすためにはこのトリガーが重要になります。

心理学をもちいた技術です。

 

第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけ

この章では今すぐに文章を書く上で役立つテクニックについて書いています。

テクニック1 書き出しはポジティブに
テクニック2 何度も繰り返す
テクニック3 話しかけるように書く
テクニック4 上げて下げてまた上げる
テクニック5 追伸をつける

相手の心を揺さぶるテクニックが5つ紹介されています。

会社でうつメールなどにも応用できるテクニックです。

 

人を操る禁断の文章術のレビュー

私は影響力の武器などの心理学の本を過去に読んでいました。

影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか[本/雑誌] [第3版] (原タイトル:INFLUENCE 原著第5版の翻訳) / ロバート・B・チャルディーニ/著 社会行動研究会/訳

そのために3章と4章は目新しい情報はありませんでした。

 

しかし、1,2章はかなりためになりました。

それは

・相手の想像力を掻き立てるためにあれこれ書かない
・自分で書かない
というところ。
どうしても相手にわかりやすく伝えるためにいろいろと文章を付け足して長くなってしまっていました。
しかし、『相手に想像をさせる』
これが一番大事なことなんだなと。
さらに「相手に思いのままに動いてもらうためには相手の情報をしっかりと集める」
相手のことを知らないとこちらの思うようには動いてくれませんよね。
当たり前のように思えるけどなかなか自分では気づけないものです。
今回はこの人を操る禁断の文章術を買って正解でした。
この本をもっと読み込んで「こちらの思うように相手に動いてもらえるような文章をかけるようになりたい」と思いました。

 

人を操る禁断の文章術 [ メンタリストDaiGo ]

created by Rinker

コメント

タイトルとURLをコピーしました