2018札幌の結婚式場・藻岩シャローム教会で式を挙げました[費用・体験談]

二人生活

 

新郎、新婦
札幌で結婚式を挙げたいけどいいとこないかなあ?実際に式をあげた人の体験談や費用を知りたいなあ
  そんな疑問にお応えします。  

1.藻岩シャローム教会で挙式をした費用を全公開

 

1.1 最終見積を公開します

こちらが最終的に支払った金額になります。

約230万円を挙式+披露宴+前撮り代として支払いました。(一部分をぼかしています) ここから当日、結婚式に来てくれた人から会費を引いた額が自分たちの自己負担金額となります。 私の場合は約40人招待したので会費の合計が約66万円になり、230万円ー66万円で164万円が自己負担金額となりました。   次に内訳を公開します。

上2つの項目が新郎の衣装代となります。

下2つの項目が新郎の家族の衣装代とヘアーセット代になります。

 藻岩シャローム教会ではあいプランの互助会というシステムがあります。 互助会とは18万円を1口として積みたて、それを結婚式の衣装代や写真代にあてることができるものです。 互助会の会員専用の割引もあり、普通にお金を支払うよりお得になっているそうです。 詳しくはこちらをご覧ください。

 

あいプランー互助会  

 

今回、私はその互助会のシステムを利用しました。 見積もりでマイナスとなっているのはそのためです。   次に新婦側の衣装代です。

 

こちらも上2つの項目が新婦の衣装代、下2つの項目が新婦の家族の衣装代とヘアーセット代になっています。 新郎と違って項目がたくさんありますよね(笑) 男は服を着て終わりですが、新婦の人はドレス、ティアラ、ヘアーセット代など着飾るのでお金がかかります。   最後に披露宴にかかった料金と写真代です。

あいプランの互助会のプランは一人の会費が16000円のプランでした。 ですがそのプランの料理だとあまりよくないなと考えたので料理のアップグレードをしました。 他には藻岩シャローム教会だけでしかやっていない挙式の際にフクロウが指輪を運んできてくれる演出、70ページのアルバムなどを追加し、ご覧の金額になりました。  

 

1.2 最初の見積もりから上がった場所とは?

一番最初に下見で行ったときに見積もりをもらうことはできませんでしたが互助会に入っていることからかなり安く式を挙げることができますよ!と言われました。 予算が100万ぐらいだったのでそれぐらいでできるのか尋ねたところ頑張ればできるのこと。 しかし、結果的に自己負担金額164万円。 でもある程度、納得しています。 その理由がこちら  

 

料理のアップグレード

まず私達は料理に拘りたいと考えていました。 わざわざ時間とお金をかけて遠いところから来てくれるので美味しい料理を食べてほしいなーと。 当初のプランの料理はそれを叶えてくれなさそうだったので、料理のアップグレードをしました。 ここで+13万円かかりました。  

 

owlセレモニー

挙式中にフクロウが指輪を持って神父のところまで運んできてくれる演出です。 小さい子供が指輪を持ってきてくれるリングボーイは有名ですが、フクロウが持ってきてくれるのはここだけ。 それをやりたいためにここで挙式を挙げる人もいるそうです。   +9万円。    

 

前撮り・アルバム代

前撮りをやるかやらないかで金額は全然違ってきます。 当日はあれやこれや忙しく、ゆっくり写真を撮っている時間はないとのことでやることにしました。 前撮りではカメラマンさんが指示を出してくれ、いろいろなシチュエーションでいろんなポーズの写真を取ります。 やる前は50ページのアルバムにするつもりでしたが結果的には70ページのアルバムになりました。 また挙式中はカメラ類の撮影が禁止とのことで映像撮影をお願いしました。  

このアルバムが+30万円。 前撮りの着付け代などで+5万円。 挙式映像で+8万円。  

 以上のものが当初の見積もりより上がった部分だと思います。 しかし、いずれも行って満足しています。    

 

2.式を挙げるまでの流れ

 

2.1 下見で訪問

結婚式場の下見には合計で3箇所行きました。

その中の一つが藻岩シャローム教会でマイナビウエディングを通して見つけました。 ホームページに掲載されている式場の写真を見て、妻が「いいなあ」と思ったらしく下見に行くことに。   ですがこの下見のときの式場の印象はよくなかったです。

その理由が   ・男の営業の人が仮予約を入れるまで帰してくれない   私達は1日で3箇所の結婚式場の下見をし、昼には実家でご飯を食べるというなかなかハードな予定が入っていました。 そのためこの時間から予定があるのでそれまでに終わるようにお願いします。と伝えていました。 それなのに・・・! 帰してくれない!!!   時間がないから帰ると言っているのにいま仮予約を入れないともう埋まってしまいますと言い、一向に帰してくれません。   こちらはまだ下見の1件目なのでその場で即断はできません。 ですが拉致が明かないので仮予約について聞いてみると5万円を払う、仮予約をキャンセル人はあまりいませんよ?とのこと。   ならなおさら仮予約なんてできるかい!!   しつこい営業の人からなんとか仮予約をせずに帰宅しました。 当初のお願いしていた時間を1時間オーバーしていました。  

それ以外は式場見学、妻のドレス試着とよい印象だったのに残念です。 式場ではチャペルの大聖堂がきれいで実際に聖歌隊の人たちが歌ってくれ、迫力がありました。 ドレス試着ではミニブーケをくれました。   結婚式は一生に一度のことなんでいろいろ検討、比較していいところを選びたいですよね。 せっかくいい式場なのにしつこい営業のせいでマイナスなイメージを持たれる人が多いのかなと思ってしまいました。  

 

2.2 式場決定!

下見では藻岩シャローム教会の他にジャルダン・ドゥ・ボヌール、オーベルジュ・ド・リル サッポロの3箇所に行きました。 その中から式場の内装、料理、費用などを総合的に考えた結果、藻岩シャローム教会にすることにしました。

下見の際には営業の人にいい印象は抱かなかったですが、教会の中の設備、挙式会場の大聖堂、披露宴会場のレストランなどがよかったからです。 そこでマイナビウエディングを通して、前回の営業の人とは違う人を付けてもらうようにお願いしました。   次についてくれた営業の人はきちんとこちらの話を聞いてくれる人で安心しました。 私達が下見に行った時期が2018年の1月で9月か10月に挙式をしたいと考えていました。 しかし、9.10月の土日はほぼ予約が埋まっていて、ポツポツと限られた日にちしか空いていませんでした。 その残り少ない日を選んで、成約となりました。 式を挙げたい日にちが決まっているカップルは早めに下見に行き、結婚式場をきめることをおすすめします。    

 

2.3 打ち合わせ

式場が決まったので次にプランナーさんとの打ち合わせが始まります。 プランナーさんとの打ち合わせは全4回ありました。 ここで式をどうやっていくか決めていきます。   主なやることは ・招待状をどのようなデザインにするか ・招待客の選定 ・前撮りをやるかやらないか ・披露宴の構成決定(余興、スピーチ、キャンドルサービスなどのオプション)   主な披露宴の流れは決まっていてそこにスピーチ、余興、キャンドルサービスなどをどうするかを決めます。 プランナーさんがいろいろな案を挙げてくれて、こちらの要望にも的確に応えてくれるので頼もしかったです。   それ以外に衣装の打ち合わせ、指輪選び、お花選び、前撮りの撮影などもあります。 やることはいっぱいですがスタッフの皆さんはいつも明るく対応してくれるので気持ちよく過ごすことができました。   そして、いろいろ決めることがあるので何回も式場に足を運ぶことになります。 私達は遠くから式場まで来ているので少ない回数で済ませたいと思っていましたが回数はかかりした・・・。 前もって、どんな披露宴にしたいのか、衣装はどんなものを着たいのかをイメージしておくとスムーズにいくと思います。  

 

2.3 前撮り

前撮りでは教会内のいろいろな場所でポーズを決めて写真を撮ることができます。 結婚式当日はスケジュールが決まっていて、取りたい場所で写真をとるのはなかなか難しいと思います。 しかし、前撮りではカメラマンさんがこちらの要望に応えてくれるので取りたい場所やポーズの指定をするとそのように写真を撮ってくれます。   藻岩シャローム教会で有名なこちらの写真が私のお気に入りです。

前撮りをするとその分費用がかかってしまいますが、写真は思い出になるのでぜひやるのがおすすめです。  

 

3.結婚式の流れをご紹介

結婚式当日の流れはこのようになっています。 夜の時間からの挙式を例にとって説明します。 

 

15:00             挙式3時間前に教会に到着

15:10               衣装の着付け開始

17:00              親族紹介、写真撮影

17:30                式リハーサル

18:00                 式本番

18:30               フラワーシャワー

19:00                披露宴開始

21:00                 おひらき  

 

このようなタイムスケジュールとなっています。  

 

3.1 挙式前

式当日は3時間前に式場に到着するように行きます。 それから着付けが始まります。 まず新婦の化粧を先におこないます。 これが長いのでその間新郎は暇です(笑)   化粧が終わると次は着付けをします。 新婦はウェディングドレスを新郎はタキシードを着るのが一般的でしょう。

ウェディングドレスは締め付けられ、苦しい人もいるらしいです。 また、歩くのが大変らしく、歩くポイントはドレスを蹴って歩くとうまくいくとのこと。 新郎は新婦をエスコートしてあげましょう。   大体化粧、着付けに2時間くらいかかります。  

これらが終わり、控室を出るとやることが詰まっているので怒涛のように時間が過ぎていきます。 まず、家族写真を取る方はスタジオで写真を取ります。 その後スタジオで両家の親族紹介があります。 新郎新婦の父親が自分の親族を紹介する代表者形式が一般的です。 お互いの親族が対面するので少々緊張します! 特に挨拶をする父親は緊張するでしょう。 うちの父親も緊張していました。   両家の親族紹介が終わると1度控室に戻ります。   そして、少し休憩した後、式へのリハーサルへ。   まず、別の部屋に行き、神父さんとのお話しがあります。 どのような結婚生活をしたいですか?とかそんな話をした気がします。   その後、大聖堂に移動し、式のリハーサルをおこないます。 教会のスタッフさんがこのタイミングで歩く、ここで例をするなど説明してくれますが、結構複雑で覚えられるか心配に・・・。 でも神父さんかスタッフさんに合図をすると教えてくれるとのこと! 少々心配でしたがなんとかなる!と思って安心しました。   リハーサルが終わると聖堂横の控室で待機し、招待客が入場するまで待機です。 いよいよ式本番! 私は緊張がマックスでした。  

 

3.2 挙式本番

いよいよ式が始まります。 まず新郎からの入場、扉の前で一人で待機します。 そして、時間になると扉が開かれます。 聖歌隊の人に先導されて入場。 てくてくとヴァージンロードを歩いていきます。 もう緊張でドキドキでした。   次に新婦が父親と歩いてきます。 ヴァージンロードの中間まで来たところで新郎がそこに歩いていき、お義父さんから娘さんを受け取ります。 そこでお義父さんとはさよなら。 新郎、新婦二人で聖書台の神父さんのところへ。 もうここまで来ると緊張はだいぶましになっていました。   それから神父さんの結婚式開催宣言、全員で讃美歌312番「いつくしみふかき」の合唱、誓いのキス、結婚証書へのサイン、指輪交換をして式は終了です。  

  ところどころここはどういったことをすればいいんだっけ?とうろ覚えなところもありましたがその時は神父さんが合図を送ってくれたので大丈夫でした。   約20分少々で式は終わりです。 私は式が一番緊張しました。 ですが臆せず堂々と振る舞えばうまくいくと思います。  

3.3 フラワーシャワー

次にフラワーシャワーを行います。 招待客が花びらを持って待っているところに階段から新郎・新婦がおりていき、花びらをかけられ祝福を受けます。 それから写真撮影へと移ります。 ここでは事前の打ち合わせで希望した人たちと写真を撮ることができます。(新郎の友人たち、会社関係の人たちなど) ふくろうのオプションを頼むとふくろうとも写真を撮れますよ! 写真撮影が終わるとブーケトスへ。 ブーケトスが終わるとフラワーシャワーは終了です。  

3-4 披露宴

19時から披露宴が始まります。 先に招待客が座っていて、オープニングムービーを流してから新郎・新婦が入場するのが一般的でしょう。 オープニングムービーは私は教会に頼んで作ってもらいました。   入場し、席について、乾杯の挨拶をしてもらって披露宴のスタートです。   披露宴が開始すると続々と招待客の方たちが新郎・新婦の席に来てくれ、写真撮影をします。 招待客が多い人は食事を食べる時間がないかも・・・。  

ここからの流れも教会のスタッフのかたがすべて教えてくれるのでそれに従って動くだけでいいです。   私達の披露宴の流れはケーキ入刀→新婦中座→新郎中座→プロフィールムービー→再入場→キャンドルサービス→ミニゲーム→新婦から両親への手紙→新郎父の挨拶→新郎挨拶→エンディングムービーで終了という流れです。   もう時間があっという間に過ぎていきます。

約2時間披露宴を行ない終了となります。 新郎・新婦が退場したあとは披露宴会場の入口で待機し、ゲストの皆さんをお見送りして、控室に戻り、結婚式は終了です。   あとから感想を聞くと料理が美味しかったと評判でよかったです。 また、デザートビュッフェを入れたのも好評でした。   また、費用を抑えるのにプロフィールムービーとエンディングムービーを自作したのですがそれについてもよかったと言ってもらえました。 自作の仕方についてはこちらを御覧ください。

https://sokurabo.com/2018/08/14/post-417/    

こうして無事私達の結婚式は終わりました。    

結婚式を終えた後の感想

最初私は結婚式をやることにあまり乗り気ではありませんでしたが終わったあとはやってよかった!と思いました。

その理由として親族、友達みんながお祝いをしてくれたからです。 やる前はどこかわざわざ時間とお金をかけて自分たちのために来てもらうのは申し訳ないと思っていました。 しかし、実際に友達に結婚式に来てくれないか?と頼んだところみんな快く参加してくれました。

当日、祝福してくれて感謝するとともに結婚式を挙げてよかったと感じました。   また、藻岩シャローム教会で式を挙げてよかったと思います。 スタッフの方はいつも笑顔で対応してくれ、的確なアドバイス、指示をくれます。

そして自分たちが納得いく、楽しい結婚式を挙げることができました。 本当に感謝をしています。   結婚式を挙げるまでにはいろいろ準備などで大変かもしれません。 ときには二人で喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。 ですが二人でそれを乗り越えるときっと素晴らしい結婚式を挙げることができると思います。

二人で楽しい結婚式を作り上げましょう!    

コメント

タイトルとURLをコピーしました