車をピカピカにするためにおすすめの洗車の道具8選をご紹介

未分類

 

現在、車を持っていて洗車を自分でやってみたけどなんかしっくりこないなー。もっと使いやすい、車がきれいになる道具はないのかな?

 

本記事では下記の内容をご紹介します。

 

■もくじ

1.これがおすすめだ!という洗車道具を紹介

 

この記事を書いている私はスバルのレヴォーグを所有していて、頻繁に洗車をしています。いろいろな道具を試した中でこれはおすすめだ!というものだけをご紹介するので記事の信頼性担保に繋がると思います。

 

1.これがおすすめだ!という洗車道具を紹介

1-1.スポンジ

車を洗うためのスポンジはこちらがおすすめです。

その理由としてはこのスポンジはムートンの毛を使っているので、車を洗うときにムートンの毛が車を優しく包み、傷がつきにくいからです。

さらに他のムートンタイプのグローブとは違い、毛が抜けづらいのもよいところです。

以前まで私は四角いスポンジを使用していたのですが、そちらと比較して洗ったあとの傷(通称:洗車キズ)が付きづらくなりました。

また、このムートングローブは大きいので洗車時間短縮に繋がったのもうれしいところでした。

 

なので洗車にはこのムートングローブがおすすめです!

 

1-2.洗剤

車を洗うための洗剤はこちらがおすすめです。

こちらのシャンプーはとても泡立ちがよく、車についた泥、鳥の糞、虫の死骸などを強力に落としてくれます。

さらに中性、ノーコンパウンドなので車の塗装にも優しいです。

このシャンプーはSONAXという全世界100カ国以上の国で販売されているドイツのカーケアブランドショップが出しているものです。

歴史もあり、信頼性も高そうですよね。

実際に私もこちらのシャンプーを使用していますが泡立ちがとてもよく、汚れもしっかりと落ちているのを実感しています。

そして1回の使用量はキャップ1杯分でいいのでお財布に優しいところもいいところです。

 

強力な汚れ落とし、塗装を傷めないシャンプーを使用したい方におすすめです!

1-3.拭き取り布

車の洗車後の残った水滴の拭き取りのための布のおすすめは2品あります。

まずこちらの給水セームです。

これで車についている大まかな水分を取り除きます。

この商品がおすすめの理由としては商品パッケージにも書いている2倍という文字通りたくさんの水を吸い取ってくれます。

以前まで私は違う給水セームのクロスを使用していましたが布自体が小さいため拭き取りに時間がかかっていました。

しかしこちらに変えてからは1回の拭き取りで吸い取る水の量が増えたので、時間短縮に繋がりました。

さらに拭き取る回数が減ったのでそれだけ車に傷がつくリスクが減りました。(何回もクロスを車にこすりつけているとそれだけ傷がつくリスクが増えます)

 

給水セームで大まかな水分を拭き取ったあとはこちらのマイクロファイバークロスで拭き取ります。

これで給水セームでは拭き取ることができなかった水分を完全に拭き取ることができます。

こちらの商品がおすすめの理由としては他のマイクロファイバークロスより厚みがあるのでその分、吸水性に優れている点です。

薄いマイクロファイバークロスは吸水性があまり良くないので何回も拭いては絞ってを繰り返さなくてはいけません。

こちらの商品は厚みがあり、少ない回数で拭き取ることができるのでとても使いやすいです。

私はこちらの商品はシュアラスターゼロウォーターを購入したときについてきたので使ってからとても気に入り今ではクロス単品で購入して使用しています。

 

どちらも必需品です!

1-4.コーティング剤

 

コーティング剤はこちらのスマートミストがおすすめです!

私は本当にいろいろなコーティング剤を試しました・・・。

スマートミスト、ゼロドロップ、ペルシードそれ以外にもまだまだ試した中でこちらのスマートミストが一番だなと思っています。

その理由は3点あります。

 

まず1つめは車がピカピカ輝く!

このスマートミストを使ったあと車を見るとピカピカと光って艶が出ているのがわかります。

使う前と使ったあとの見た目はぜんぜん違うので達成感があります(笑)

 

2つ目は施工性がいい!

洗車後、水が残っている状態でこちらのスマートミストをかけて拭き取ることができるのでとても楽です。

ワックスなどは完全に水分がない状態で施工しなくてはいけませんが、こちらは水が残っている状態でもシュッシュッと車に吹きかけて、クロスで拭き取ると終わるので施工性がいいです。

 

3つめはコストが安い!

なんといっても他のコーティング剤に比べて圧倒的に安いです。

アマゾンの価格で見ますと280mlのゼロウォーターが約2,000円なのに対し、スマートミストは約1,400円です。

この違いは大きいですよね。

さらにスマートミストは詰替え用も販売しています。

これは他のコーティング剤にはないものなのでとてもお財布に助かっています。

 

なのでコーティング剤はスマートミストがおすすめです!

 

 

 

ここから下は徹底的にやりたい!という方向けです。

青空駐車、何ヶ月も洗車をしていないという人はぜひ読んでください。

 

1-5.、鉄粉除去剤、粘土クリーナー

私はまず鉄粉を取りたいなと思ったときはスプレータイプの鉄粉除去剤を使用して、それでも取り切れないときは粘土クリーナーを使用します。

 

鉄粉除去剤

 

鉄粉除去剤はganbassという洗車用具専門店から出ているGBS-Rがおすすめです!

普通の鉄粉除去剤はちょっとの量しか入っていないで1000円以上しますがこちらのGBS-Rは4リットル入って4000円と格安です。

また、鉄粉も落ちやすいです。

使用方法は私は洗車前の乾いたボディにこのGBS-Rをかけ、数分経過後、水で洗い流します。

まめに洗車をしているときはだいたいこれで鉄粉が落ちてしまいます。

 

工場の近くに車を停めている、道路沿いの家で青空駐車をしているという方は車に鉄粉がたくさんついている可能性があります。

そんな方たちにこの大容量の鉄粉除去剤はおすすめです!

 

粘土クリーナー

 

青空駐車で何ヶ月も洗車をしていない、という方の車には目には見えないですが鉄粉がたくさんついています。

その鉄粉を除去するにはシュアラスターから出ている粘土クリーナーがおすすめです!

なぜならこの粘土クリーナーにはコンパウンドが含まれていないからです。

コンパウンドは塗装を研磨するものです。そのコンパウンドが粘土クリーナーに入っていると知らず知らずのうちに塗装にダメージを与えていきます。

しかし、このシュアラスターの粘土クリーナーにはコンパウンドが含まれていません。

ですのでこの粘土クリーナーが大変おすすめです。

 

使い方はまず普通に洗車をします。

その後にネンドを取り出し、こねくり回し柔らかくします。

次にボディに水をかけながらネンドを滑らすように動かしていきます。

そしてネンドに鉄粉がついたら、粘土を混ぜ新しい面をだします。

これの繰り返しです。

手で触ってザラザラしていなければ鉄粉除去ができています。

 

ぜひ鉄粉除去をしてツルツルの愛車を手に入れましょう!

 

1-6.水垢落とし

水垢を落とすのになかなか苦労している方も多いのではないでしょうか。

実は私もその一人でした。

いろいろな水垢落としの道具を買っても、とれない、とれない、とれない!!

いくらお金を無駄に捨てたか・・・。

でも遂に!簡単にしっかり水垢を取れる商品に出会いました。

それがこれです!!

 

 

洗車用具専門店ganbassから出ているREBOOTです!

これでどの水垢取り剤を使っても取れなかったものがいとも簡単に取ることができました!

洗車用具専門店ganbassさんの最高傑作のひとつだそうです。

私も使ってみてそれもそのはずだと思いました。

なんせあれだけ苦労して取ることができなかった水垢を簡単に落としてしまったのですから。

 

使い方はまず洗車をします。

その後水分を拭き上げ、REBOOTをクロスに適量つけ、塗装面に広げます。

塗り拡げると白いスケールが出てくるのでそれを別の乾いたクロスで拭き取ります。

何回か行い、白いスケールが出てこなくなったら除去完了です。

最後に水で洗い流して、終わりです。

 

この商品に出会って本当に感動しました。

ぜひみなさんも試してみてください。

 

 

まとめ

今回は私が実際に使用しているおすすめの洗車道具をご紹介しました。

いろいろな商品を買って、実際に使用し、その中で良かったものだけをご紹介しているのでみなさんもぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました