[レビュー]ふわふわかき氷を作れるDCSP-1851を買ってみた!

調理器具

こんにちは。

最近、ふわふわなかき氷が流行っていますね!

かき氷といえばガリッガリな氷を噛み砕いて食べるイメージがありますが、それとは相反したふわふわなかき氷。

どんなものか興味が湧いてきます!

そこで、自宅でも気軽にふわふわなかき氷を作ることができる機械を購入しました。

購入したのはドウシシャ ふわふわ氷かき器 DCSP-1851 です!

今回はこの機種に決めた理由、使い方、使用後の感想をレビューします!!

もし、いまかき氷機の購入を検討されている方、ふわふわなかき氷を食べてみたい方は必見です!

なぜドウシシャ ふわふわ氷かき器 DCSP-1851を選んだか?

かき氷機にもいろいろ種類があって迷いますよね~。私もかなり悩みました! そこで、なぜドウシシャ ふわふわ氷かき器 DCSP-1851を選んだかご紹介します!

手動、電動どっちにするか?

かき氷機には手動、電動があります。 それぞれにメリット、デメリットがあります。

手動 メリットー安い、部品構造が単純なので壊れにくい

デメリットーレバーを回すのに疲れる

電動 メリットー楽に作ることができるふわふわにできる

デメリットー連続使用時間に制限がある、価格がちょっと高い

 

これらのメリットデメリットを比較して、私は電動を選ぶことにしました。 なんといっても電動はラク!! 手動でキコキコ回すのもワイワイやりながらやると楽しいんですけど、疲れるんですよね~ その点、電動だとボタンを押すだけなので楽です!   夏の間は頻繁に使用するのですぐに作ることができる電動に決定しました。 ドウシシャ ふわふわ氷かき器 DCSP-1851は電動なのでかき氷を作るのが楽ちんです!

価格

電動にすることが決まったので、電動の製品の中からどれにするか決めていきます。 そこで次に気にするのが価格です。 安いものだと3000円ぐらいから高いものだと20000円もするのがあります。 かき氷にさすがに2万円は出せないので、5千円以内に購入することができるものを選択肢の中に入れました。

デザイン

最近は筒型の水筒みたいなデザインなものからキャラクターものまでいろいろあります。 そのなかでピンときたのがこのドウシシャ ふわふわ氷かき器 DCSP-1851でした。 まるで屋台で使われている機械みたい(笑) 家の中のインテリアとしてもよいのではないでしょうか? 友達が来たときなども話のネタになりそうですよね!   見た瞬間、これだ!と思いました。

ドウシシャ ふわふわ氷かき器 DCSP-1851の使い方

実際に購入したので、商品を紹介します。 正式名称は本格ふわふわ氷かき器なんですね。 「口の中ですっと溶ける、雪のようなふんわりかき氷」 楽しみです!  

中には本体、説明書、製氷カップが2個入っていました。

でーん!! ぱっと見、屋台などで使われていてもおかしくないデザインです!

しかしじっくり見ると、プラスチックでできているのでチープさが見られる・・・。

でも家庭用で使うのでなんの問題もありません!

上にハンドルがあり、解除の方向に回すと上下が分かれます。   氷を入れる台は下のつまみを押しながら上に押し上げることで外せます。 洗う際はここを外す必要があります。

いよいよふわふわかき氷を作っていきます。 氷受台をセットしてその中に氷を入れます。

機械の上の部分を下の土台に合わせます。 カチッと音がなるとセット完了です!

コンセントを入れて、あとは右のレバーを引くとふわふわかき氷が出てきます!

まるで雪みたいな氷が出てきます!これはふわふわかき氷ができそう!?

できました!!

シロップをかけて完成です!!

使ってみた感想

やはり電動なので楽です!

氷をセットして、レバーを回すだけなので準備からかき氷ができるまで5分もあれば作ることができます。

これなら毎日、作るのも苦になりません!!

一番気になっていたのは本当にふわふわなかき氷ができるかということでしたが、ちゃんとふわふわにできました。

まるで雪を食べているみたいにふわふわでした!

今回はふわふわなかき氷を食べるというのがいちばん大事なことだったので、この製品を買って大正解でした!!

ふわふわなかき氷を食べたいという方にはぜひこの商品をおすすめしたいです!!

 

使用上の注意点

連続使用は2分まで

この製品は電動なのでモーターを使用して動いています。

ですので説明書にも載っていますが、連続2分以上の使用はできません。

私がかき氷を1つ作るのにだいたい1分ぐらいかかったので、2個までなら連続で作ることができます。

たくさん作りたい場合は連続で2分使用したらちょっと休ませる必要があります。

たとえば4個作りたい場合、2分で2個作る→3分機械を休ませる→2分で2個作る などとすると良いと思います。

連続使用時間に制限はありますが、家庭で使う分には問題は特にないと思います。

使用後は刃の水分をきちんと拭く

かき氷機全般に言えることですが、使用後は刃の水分をきちんと拭きましょう。

そうしないとすぐに錆びてしまいます。

そのため使用後はきちんと洗い、水分を拭き取り、刃に油を塗ります。

こうすることで刃が錆びるのを防ぐことができます。

刃が錆びてしまうと氷を削ることができなくなってしまうので、少し面倒ですが毎回手入れをしてあげましょう。

予備の製氷カップがあったほうがよい

本体には製氷カップが2個しか付属していません。

そのため、別売りの製氷カップを本体と一緒に買ったほうがいいなと思いました。

私は最初、本体しか買っていなかったのであとで追加で購入しました。

DCSP-1951とDCSP-1851とDCSP-1751の違いは?

DCSP-1951とDCSP-1851とDCSP-1751の違いは特に見つけることができませんでした。
機能に違いはありませんが、製造年が違うと思われます。
DCSP-1951は2019年製、DCSP-1851が2018年製、DCSP-1751が2017年製。
そのため、安いほうを購入することで問題がありません。
アマゾンではDCSP-1951のほうが安いので今購入するならDCSP-1951ですね。

まとめ

ふわふわなかき氷の味は想像以上だった!

ガリガリのかき氷も美味しいけど、ふわふわなかき氷は口に入れると溶けていくわたあめみたいです!

このふわふわなかき氷を自宅で作ることができるなんて、最高!

コンビニやスーパーで毎回アイスを購入するのと比較するとコスパもいいので、ぜひ皆さんも試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました