[キャンプ]ダッチオーブンでトマトたくさんの無水カレーを作ってみた!

キャンプ

こんにちは。

先日、キャンプ場でダッチオーブンのシーズニングを終わらせました。

キャンプ場でダッチオーブンのシーズニングをやってみた!
こんにちは。 前回、ダッチオーブンの購入記事をご紹介しました。 この記事ではダッチオーブンのシーズニングのやり方をご紹介します。 シーズニングってなに?時間はどれくらいかかるの?大変な作業なの? ...

そこで!

記念すべきダッチオーブンで最初に作る料理は・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

 

トマトたくさんの無水カレー!

キミにきめた!!

 

シーズニングしたてほやほやのダッチオーブン。

この記事ではそんなダッチオーブンを使ったトマトたくさんの無水カレーの作り方をご紹介します。

 

無水カレーって何?

無水カレーとはその名の通り水を使わず、カレーの具材から出る水分のみで作るカレーのことです。

この無水カレーのポイントは素材から出る旨味が凝縮されているところです。

そのため、野菜の甘味などを感じることができ、とってもおいしいです。

 

トマトたくさんの無水カレーの作り方

今回はトマトをたくさん使って、無水カレーを作っていきます!

トマトはたくさん水分を含んでいて、甘みも酸味もあり、おいしくなりそうですね。

 

材料

・玉ねぎ2個

・トマト4個

・じゃがいも2個

・人参1本

・鶏もも肉500g

・にんにく1片

・カレールウ1箱の半分

 

トマト、にんにく以外は普通のカレーを作るのと変わりません。

 

作り方

1.野菜、肉を食べやすい大きさに切ります。トマトはなるべく小さく切ったほうが後で潰しやすいです。

2.ダッチオーブンに油をひき、にんにくを炒めます。中火でやりましょう。

3.にんにくにちょっと色がついたら、野菜を炒めていきます。トマト以外は全部入れて炒めます。

4.野菜に軽く火が通ったら、鶏肉を入れます。そして軽く炒めます。混ぜづらいですが鍋の底が焦げ付かないように注意しましょう。

5.鶏肉にちょっと色がついたらトマトを投入します。木べらでトマトを潰しながら具材をかき混ぜていきます。

6.トマトを潰すと、水分が出てきます。

7.蓋をして30分ぐらい煮ます。鍋の蓋にも炭をおいて加熱します。このときは弱火でやりましょう。長時間、煮込みすぎると鍋のなかの水分が全部なくなってしまうので注意してください。

8.カレールーを入れて、かき混ぜます。

10.ご飯を盛り付け、カレールーを入れて完成です!おいしそうです!

 

食べた感想

初めて作りましたが、なかなかうまくいきました。

水の代わりにトマトを入れた以外は作り方は普通のカレーを作るのと変わりません。

トマトを入れたので濃厚な味がし、野菜の旨味が出たとても深みのあるカレーでした。

作業時間は野菜、肉を切るのに15分、炭をおこすのに40分、ごはんを炊くのに30分、カレーを作るのに1時間の合計2時間半ぐらいかかりました。

結構な時間がかかったので作っている最中にお腹が空いてきました(笑)

 

キャンプ場で作るカレーはとてもおいしく、さらにダッチオーブンを使ったことで上下から加熱することができ、野菜の旨味を封じ込めることができたのもよかったのかもしれません。

 

1つ作業上の注意点として、カレーを煮込む時は強い火力で煮ると水分がなくなってしまうと感じました。

なので煮込む時は弱火でやるとうまくいくと思います。

 

まとめ

今回はトマトたくさんの無水カレーの作り方をご紹介しました。

それほど普通のカレーを作るのと変わらないですね!

キャンプ場で食べるご飯はいつにも増して美味しいですが、ダッチオーブンを使ったことによってさらに美味しくなりました!

次の機会にはローストチキン、北京ダックなど普段なかなか作ることのできない料理にも挑戦したいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました