ちょっとの工夫で居酒屋で飲むビールになる!?宅飲みで美味しくビールを飲む方法

家飲み

毎日、仕事終わりに、ビールを飲むのが日課になっている人も多いと思います。

そのビールに、ちょっと工夫をしただけで、家にいながら居酒屋で飲むようなビールになるのを知っていましたか?

今回はそのちょっとした工夫を伝えていきます。

1.グラスにこだわる

ビールを飲むときには、どうやって飲んでいるでしょうか。

普通のグラス、コップ、缶のまま、人それぞれだと思います。

しかし、このグラスをちょっと変えるだけで、全然ビールの味が違います。

東洋佐々木ガラス ビールグラス

 

東洋佐々木ガラス ビールグラス

ビールの香りを引き立てるビヤーグラスです。

チューリップ型の形状は、縁が内側にカーブしているため、グラスの中に香りがこもりやすいとのこと。

こちらのグラスで晩酌をすると、ちょっと贅沢な気持ちになります。

 

 

ビールジョッキ コップ ガラス 830ml

 

ビールジョッキ コップ ガラス 830ml

こちらは居酒屋で使われているのと同じ、ビールジョッキになります。

もう家で居酒屋気分ですよね笑

こちらは830mlも入るので、コップに何回も継ぎ足すという、作業が必要ありません。

 

フリージングタンブラー ジョッキ 600ml

 

フリージングタンブラージョッキ 600ml

エクストラコールドって知っているでしょうか?

簡単に言うとちょー冷たいビールのことです。

こちらのタンブラーではそれを体感することができます。

冷蔵庫で冷やした本製品に、ビールを注ぐと、あっという間に、氷点下のビールが出来上がります。

ただ欠点が、冷たすぎて内側が凍ってしまうことも・・・

2.入れ方にこだわる

ビールの黄金比は7:3だと言われています。

ビールが7、泡が3。

重要なのが3の泡の部分です。

ここをちょっと工夫することで、また一味違ったビールが出来上がります。

自分で入れてみる

①まずコップを用意します。(グラスは冷蔵庫に入れて、冷えているのがベスト)

②コップの上20センチぐらいの高さから、グラスの3分の一ぐらいまで注ぎます。

③泡が落ち着いてきたら、コップを斜めにして、ゆっくり注ぎます。

④ビールと泡が7:3になるように調整して完成です。

この方法だと特に手間もかからずにきめ細かい泡のビールを楽しむことができます。

 

道具を使ってみる

 

ビールサーバー 超音波式

ビールの缶に、直接この機械をつけて注ぐことで、   きめ細かい泡のビールを楽しむことができます。

まるで生ビールのような泡に感動だとか!?

お値段も3000円とお手頃なので、ちょっとした自分のご褒美に、旦那さんへのプレゼントにもいいかもしれません。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

お家での晩酌を楽しみに、毎日お仕事をがんばっているかたも、多いのではないでしょうか。

その晩酌を一工夫することによって、日々の生活も、質が高いものになります。

ぜひ、お家で美味しいビールを飲みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました